2024年7月20日 (土)

7月20日

気温 22℃

水温 17℃

   16.5℃

20240720dsc_0777

梅雨が明けるかどうかの時期はムネアカ大蟻の期待が高まりますが

今年は少し順当ではない梅雨のタイミングだった為かまだハッキリとした目撃情報がありません。

ここぞというタイミングがまだなような気もします。

曇天の日は比較的上めのレンジで好反応のようです。

 

|

2024年5月18日 (土)

5月18日

気温 16℃

水温 14.5℃

   14℃

 

20240518img_3684

ここ数日、妙に肌寒い朝晩が続きましたがいよいよ水温が14℃代となり

一気に虫っ気が増してきました。

5月の2~4週に出現率の高い”例の水生昆虫”の羽化もポツポツと確認できました。

水温などの条件はとても良いのに今一つ釣果の伸びが感じられない大きな要因として天気が良すぎる問題があります。

曇りなどでも大分状況が良くなっている実績もありますので日本晴れ以外の日が狙い目でしょうか。

 

 

|

2024年5月10日 (金)

5月10日

5月10日

気温 12℃

水温 12℃

   12.5℃

 

この時期は心配になる「池の水位」ですが、奇跡的な雨の恵みによって影響なく済みました。

現在も満水の状態で、これから梅雨が終わる頃までは心配いらないと思います。

ちょっと山(八ヶ岳)の雪が少ない気がしますので真夏がちょっと心配です。

解禁以来、異常な水のクリアーさで藻がよく育ってしまい鬱陶しいですが、

大雨が何度か降れば砂泥が積もり落ち着く筈です。

 

|

2024年4月28日 (日)

4月28日

4月28日(日)

気温13℃

水温12℃

  11.5℃

--------------------------

2024年 GW期間の営業予定につきまして

4/27~5/7までは無休で営業予定となっておりますが、

後半(4/5/6/7日辺り)に大減水となる可能性があります。

原因は「田んぼへの放水」によるものです。

山への降雪や雨の少な過ぎた年には、

釣りが不可能な程の大減水となり「臨時休業」となる事がたまにありますので、

特に遠方からのご予定のお客様などは十分ご検討いただくようにお願い致します。

--------------------------------

20240428img_3663

風も少なく穏やかで日差しの暖かな春日和でした。

つい先週に咲いたばかりの桜が満開となり、いよいよ春が来たと実感する一日でした。

解禁以来からの謎の不調への試金石となる2週連続放流の効力を見極めたい一日でしたが、

思いのほかのんびりとした春の気持ち良い雰囲気に包まれており、結局よくわからない感じになっていました。

未だ適水温帯へ向かう途中であり、水棲昆虫の羽化などもまだ始まる前という事で、これからへの助走である事を願っています。

 

 

※お願い※

槻の池FAは別荘地内という特殊な環境下にあります。

特に朝夕の入退場などで周辺別荘住民の方へご迷惑とならないよう配慮が必要となります。

駐車場でのドアの開け閉めや話し声、不要なアイドリングなどで周辺への迷惑とならないよう何卒ご注意下さいますようお願い致します。

営業時間外の入退場は最も迷惑な行為となってしまい管理釣り場としての存続に直結します。

駐車場への到着・乗り入れが朝7時となるようお願いします。

違反者については発見次第当局への通報など厳しい対応とさせて頂きますので予めご注意願います。

|

2024年4月20日 (土)

4月20日

気温 13℃

水温 11.5℃

   11.0℃

 

昨日の暴風から一夜明け、今季初の放流を行いました。

カワウの餌にならないように可能な限り下限を引き上げた大き目揃えの放流ですので、アタリの一つ一つを大事にする精神力が要ります。

本日の放流で解禁当初からの謎な不調さの原因探求に一役買ってくれるかと期待しました。

たしかに反応を見せてくれる放流魚が居る事は確認出来ましたがそれもつかの間、

想定よりちょっと深刻な「どうにもこうにもシブい感じ」はいったい何が原因なのかと皆さんと熟考してしまう最近です。

徐々にカワウの猛威が薄らぐ予定ですが、

魚目線でも、もう少し季節が進み”虫っぽさ”からくる活気で賑やかになるまではもう少し時間が必要でしょうか。

桜のつぼみはまだまだ硬いままです。

|

«4月12日