« カッコウ | トップページ | »

2008年5月23日 (金)

20080523 朝7時 気温12度

水温12.5(15cm 13.5(50cm

久々の初夏を想わせる様な陽気で

ゴールデンウィーク以来の最高水温に達しました。

明日は、お天気が崩れそうですが3時ごろまでは

持ち応えてくれそうな予報です。

例の虫はもう少し先になる様な気配?!

|

« カッコウ | トップページ | »

コメント

もっ、もっ、モン様・・・週末「荒らし」に行きます。お手柔らかに頼みます。
川(千曲川上居倉)もモンとシマトビゲラ、フタバがメインに入り、本格的なトビゲラの前に、フタバが旬かと。腕が問われる釣りとなっております。

爆発的なライズの中、釣り人の少ない千曲、雪シロが落ち着いた西野。ウエット、ニンフは言わずもがな、ドライオンリーでも大き目のネットが必需かと。

さて、May flyの和訳はカゲロウ「旬を楽しむ」は食べ物のみならず、フライフィッシングも然り。
また15フィート前後のツーハンドの釣りもぼちぼち始まる。本年二回目のヒゲナガである。犀川、天竜川はもちろん、野心さえあれば山上湖の釣りも楽しい。尺岩魚なんて自慢に値しない。

多くの虫が魚とのコミュニケートの手段となるフライフィッシング。しかしどの虫も長くて二週間がメイン。そんななか二ヶ月強、なぜか当池のみならず川、特に支流域で圧倒的に魚に好まれる虫、当池では梅雨半ばより始まる。お分かりだと思うがそれは「アリ」である。当池で圧倒的な釣りを楽しまるには「トビゲラ」「アリ」を理解されることである。なぜか・・・ユスリカ以外で長い期間魚の目に触れる機会が多いこと、ウムもちろん。しかしそんな単純なことではないように思える。

時期になればまたその辺も書かして頂くこととして、とりあえず「モン様」楽しみましょう。
            皆様よい釣りを 

投稿: おいなり | 2008年5月23日 (金) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« カッコウ | トップページ | »