2017年5月28日 (日)

5月27日

気温 15℃

水温 15.0℃
    15.5℃

Ike2017052801

終日観察してみましたが夕方のハッチの様子は

ダン6割のスピナーフォール4割といった状況でした。

スペントが見られなかったので初~中期でしょうか

黄色い赤松の花粉と、柳の種子がモンカゲのハッチと

ほぼ同時期に水面に現れるのではないかという説を覚書とします。

累積の温度を引き金として羽化するといわれるこの水生昆虫ですが

生命活動のトリガーが温度条件に大きく依存しているものは

水生昆虫のみならず以外と身近な自然にもあふれているようですが、

カレンダーも時計もない状態で、

来年の今頃の待ち合わせをやってのける神秘さに驚きます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

5月25日

気温 12.5℃

水温 16.5℃
    15.5℃

Ike2017052601

降ったり止んだりの一日でしたが

ついにモンカゲロウのハッチ(羽化)が確認出来ました。

夕方にポツリポツリとダン(亜成虫)の出現がみられ

出現ペースから推測するとステージ初期ではないかと思います。

昨年比5日遅れとして記録したいと思いますが、

最近の謎の猛暑日は帳尻合わせだったのでしょうか。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

5月23日

気温 19℃

水温 17℃
    16℃

まだ梅雨前のはずですが、ここ数日の謎の真夏日は一体なんなのでしょうか

昨年の記録では既にモンカゲロウのハッチが確認されていて

ステージ後半も観察されていると記録にあります。

今期はまだハッチ目撃情報も抜け殻も見当たりません…

累積の温度が羽化のトリガーとなるようですが

今年は3月辺りの気温の低さが響いているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

5月18日

気温 13℃

水温 13℃
    13℃

2017051801

夏を連想させる雲を久し振りに見た気がします。

例年5月の2週目を過ぎたこの辺りから

10℃付近で停滞していた水温が一段上昇し、

出現する水生昆虫の種類が増加します。

高地ゆえ山桜が綺麗な見頃で、

新緑の精気が景色をグッと「緑色っぽく」変えて行くのもこれからの時期。

水田の準備による減水は終了し、

現在の水位は「平常時と変わらないの<満水状態>」です。

心もち雪が少な目に感じた冬でしたので、

真夏の渇水が心配な所ですが、雨でうまく帳尻が合ってくれる事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

5月4日

気温 14℃

水温 10.5℃
    11.0℃


---------------------

明日、「5月5日」は「こどもの日」です!

恒例のイベントとして、

ルアー・フライに限り中学生までの入漁料を無料とさせて頂きます。

自然と縁遠くなるばかりの昨今、釣りアプリは「釣り」をした内に入りません

未来のアングラーを育みましょう。

※事故防止の為、必ず保護者同伴の上ご利用頂きます。

----------------------

ここに来てようやく咲き始めの桜にしかり

冬の間延びとも言える3月後半の気候のせいでしょうか

様々な反応で安易にパターン化させてくれない「試される」展開となっております。

意外に素直な反応もあったりと、

季節の変わり目特有の気難しさが見え隠れしているのでしょうか。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«